NEO ZION MANAGEMENT, LLC.
クラブザイオン
Home事業方針実績会社情報
Success
Success
Success
実績
back
日本初のモバイルインターネットプラットフォームを設計・構築

モバイルISPサービス“mopera” (NTTドコモ様)
世界中のフォーラムに参加して、
情報をキャッチするバイタリティには感心します。
 mopera プロジェクトとは、携帯電話やPHSをインターネット端末として着目し、モバイル向けに本格的な商用に対応できるフルサービスを提供できるまでに高めたという点で、世界に先駆けたサービスである。

 今後、日本が世界に先駆けての次世代携帯電話IMT―2000が登場し、パケット通信の応用であるiモードとのプラットフォームとしての統合も視野に入れると、携帯端末におけるインターネットサービスの標準になる可能性を秘めている。

 mopera プロジェクトの STEP1 から STEP3 というのは、システムや体質、規模が全て異なっているプロジェクトであったと坪井氏は言う。 「Step1 は、インターネット接続サービスを提供する上での基本的な仕組みつくりでした。ユーザー側で煩わしい手続きをすることなく、携帯電話の番号で認証が終わりすぐにつながるというアクセスの基礎ができたのが Step1 だったのです。以後、メールサービスを開始し、全ての無線回線方式との接続を可能にした Step2、そして、共通 プラットフォームの概念を取り入れ、音声や画像配信に対応できるようにしていく Step3 と、段階を経てサービスを多様化しているのが mopera プロジェクトなのです」

 とはいえ、このプロジェクトは STEP1 から順を追って拡張のみを目指してきた訳ではない。Step1 から Step3 まで、体質やシステム、規模など、全てが異なっていた。

「性格の異なるプロジェクトではありましたが、ISPの草分け的存在である小林さんの広範な知識に助けられました。また、彼のフットワークの軽さも素晴らしい。世界中のフォーラムに参加して、情報をキャッチしてくるバイタリティには感心しています」

 ドコモの先進性と、過去の技術や実績などにとらわれない小林の自由な発想の融合。mopera サービスの斬新さは、このベストパートナーによって育まれたのだ。
  photo
株式会社NTTドコモ
MMプラットフォーム開発部 部長
坪井 了氏

ザイオンを一言で表現すると…
卓越したプロジェクトマネージメント力が魅力
ISPの草分け的存在で、サーバからネットワークなどをトータルでアドバイスできるような存在が小林さんであると思います。また、プロジェクト全体をマネジメントする技量 には脱帽です。プロジェクトとは、仕事の進捗管理と共に人間のコントロールも必要になりますが、多人数であろうとも上手く管理し、必ず工期通りに結果を出してくれるはずだという安心感が、小林さん、ひいてはザイオンにはあるのです。また、プロジェクトが終わったとき、誰1人として故障者が出なかったというのも、小林さんならではのカリスマがなせる技だと思います。ともすれば徹夜が続く局面もあったでしょうが、皆がモチベーションを保ち続け、何があっても小林さんを信頼してついて行ったというのは、彼の人間的な魅力に感じ入ったからなのでしょう。

概要
コメント1 コメント2 コメント3 座談会

(*この記事は、2001.1当時のものであり、役職名等は変更になってる場合がございます)
PageTop
Copyright(c) 2007 NEO ZION MANAGEMENT, LLC. all right reserved.